新世紀のロードスター(NC1ロードスター)

新世紀のロードスター(NC1ロードスター)

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

NAロードスターが約9年、NBロードスターが約9年と、合わせて15年熟成した珍しい車種であるロードスターも、2000年代の安全基準・環境基準に合わせる延命処置に限界がでてきました。そこで2005年8月に販売開始したのが3代目ロードスター、通称NCシリーズです。

RX-8が先ではなかった


NA/NBロードスターは贅沢にも専用のプラットフォームで生産されていました。しかし、今回のモデルチェンジ条件はRX−8と共通のプラットフォームで生産することが決まっていました。しかし実情は、RX-8の経営承認を通すための「スポーツカー一括企画」であり、ロードスターありきのRX-8開発だったというのが事実です。(※このエピソードは別の記事にてご紹介します)

ただ、今回はあえてデザイン観点でのご紹介です。ちなみに開発主査は2代目ロードスターと同じ貴島孝雄氏、チーフデザイナーは2代目デミオも担当された中牟田泰氏です。

ロードスターらしさとは?「伊吹」


NCのデザインで最大のネックとなったのは、衝突安全基準を達成するために全幅1,720mmというサイズの前提があったことです。これは、サイドエアバッグの展開スペースを稼ぐためです。

したがって、サイズが大きくなった車体を【いかに小さく見せるか】がポイントになりました。RX−8(全長4,435mm、ホイールベース2,700mm)とNCロードスター(※数値はNC1 全長は3,995mm、ホイールベース2,330mm)、を比較してみると、かなりショートボディになっていることが分かります。

そして、ロードスターらしさのアイコンは「楕円」にあると捉えて、2003年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーが「息吹(いぶき)」です。改めて観察してみると、確かにディティールのほとんどが楕円で構成されていて、ただ屋根がないだけで「ロードスター」に見えることが実証されました。

ただ息吹はモダンに振りすぎてエモーションさに欠けるということで・・・そこからロードスターらしさを盛り込んでいく方向で調整されていきました。それはBMW・Z4のようにハイターゲットを絞り込むのではなく、あくまで万人に受け入れられる、フレンドリーな方向性です。

アスレチックデザインありきではない



したがって、当時のマツダデザインテーマ「アスレチック・デザイン」を踏まえた上で「ロードスターらしさ」「シンプル」「楕円」をモチーフにデザインされていきました。ファイブポイント・グリル(マツダファミリーフェイス)を採用しなかったのも、ロードスターらしさを表現するための、コダワリの結果です。


NCロードスターのVS(エレガント・グレード)はサドルタン内装が採用されました。この内装色は「大人の目にも耐えられる」デザイナーの想いがこもっています。確かにそれ迄の(いい意味でも)チープな雰囲気から感じから脱却した、神コーディネートだと思います。NC2のマイナーチェンジでサドルタンの面積は少なくなってしまうのですが・・・

アスレチック・デザインとしては、「張り出したフェンダー(プロミネンスフェンダー)」と「クリアテール」にその特徴が見えます。また、ラゲッジスペースはかなり優秀で、特にシートの後ろ(幌の下)にもストレージ・ボックスを備えており、これはRHTメカ格納部の布石になっています。

シルエットでロードスターとわかる


サイドビューにもこだわります。100m先からみるとシルエットだけでマツダ・ロードスターとわかるように、ドライバーの肩口から上が見える(NB比20mmUP)美しいFR・プロモーションを目指しました。ロードスターの特徴である立ったAピラーの根元には、歴代と同じく小さいながらも三角窓が存在します。同じく、歴代ロードスターと共通のアイコンとして「丸いサイドターンランプ」も引き継いでいます。

また、NC1のバンパーフェイスはスポーツカーらしく「あごを引いている」のもポイントです。これ以降の年代になると、衝突安全要件の関係で、全世界の新車のフェイスが「真下に落ちる」形になってしまうのです。

全幅の制限がある以上、NA/NBのように運転席部分でコークボトルラインとして絞り込むことができませんでした。そこで、プランビュー(上から見る)だとよくわかるのですが、オーバーハングになる角を削る「樽型」シルエットになっています。横から見るとフェンダーが張り出して見えるのはデザインの妙で、上から見るとサーフェスなラインになっています。

また、ヘッドライトはNBロードスターと同様に、NAロードスターのウインカーをモチーフにしています。また、これを実現するための、ボンネットのパーティングラインに注目です。ボンネットを低く、独立させるためにヘッドライトとボンネットのラインは繋がっていません。まるで旧イタリアン・スポーツカーのような独立ボンネットの構造になっているのです。

21世紀のロードスターとして


偉大なる初代ロードスターを21世紀のデザインとして引き継いだのがNCロードスター。

その功績は大きく10年以上生産されるロングライフモデルになりました。デザインとして良かったのか、悪かったのかという話になるとキリがなくなってしまうのですが、個人的には一目でロードスターとわかる、カッコかわいいデザインだと思います。

デザインの話とは別ですが、大きくなったといわれますが、重量のあるパーツをより中央に寄せてきた変質的なパッケージにより、走りもしっかり”ロードスター”していたのも大きな特徴です!これは、食わず嫌いの人がいたら勿体ない。いちどNCロードスターのステアリングを握って欲しいですね。

また、この後により賛否両論を生んだRHT(リトラクタブル・ハードトップ)モデルが登場し、よりユーザーの裾野が広がったのもNCロードスターの大きな功績でした。

NEXT→

新世紀の大本命(NCロードスターRHT)

ロードスターヒストリーカテゴリの最新記事