NBロードスター VINコード(海外仕様)の話

NBロードスター VINコード(海外仕様)の話

今回は海外仕様のEPCデータ解析と、VINコードの読み解き方の解説です。

VINコードとは(海外市場)

VINとは車両識別番号(Vehicle Identification Number)を意味し、欧州仕様はシリアル番号を含んだVINコードがコーションプレートに記載されています。

当然、VINコード記載の元になる海外仕様の某EPCのデータベースが存在し、その表記法則は国内仕様と異なります。国内でこのデータを目にすることは少ないかもしれませんが、折角なのでNBロードスターのアーカイブとして共有させて頂きます。

欧州「MX-5」のEPCコードを読み解く

例)JMZNB186250415068DENE18EBHA3FNE420041020

こちらは以下の12区分に分けることが出来ます。

①JMZ ②NB1 ③8 ④6 ⑤2 ⑥50 ⑦415068 ⑧DE  ⑨NE18EBH ⑩A3F ⑪NE4 ⑫20041020


①製造者 JMZ(Japan Mazda)
②型式 NB1(NB型MX-5のコード)
③車両区分 8 → 2ドアカブリオレ
④エンジン仕様 6 → 1600cc
 B = 1600cc(NA)
 C = 1600cc low HP(NA)
 P = 1800cc
 6 = 1600cc in an NB

⑤トランスミッション 2 = 5MT
 6 = 6MT
⑥生産地域 50 → 語尾0は広島(※語尾1は防府)
⑦車台番号 415068(シリアルナンバー)
⑧販売地域 DE ドイツ仕様(国コード)
⑨グレード NE18EBH(NB4 ABS付、LSD無)
⑩カラーコード A3F(クラシックレッド)
⑪内装色 NE4(タン内装/黒幌)
⑫生産日 20041020 2004/10/20

対応表

国内では見ない仕様としては、ボディカラーのバリエーションやNB8Cに「5MT」があったり、VS内装に「黒幌」の選択が可能だったことが分かります(※灰色のルーフもありました)。

これらのデータとリンクするものがボンネット内のコーションプレートに記載されており、クルマの素性を読み解くことが可能になるのです。余談ですがVINの記載内容は、上記データベースの⑦までになります。

欧州「MX-5」コーションプレートVINで解析する

例)JMZNB18P640315792


1800cc 6MT
車台番号 315792(NB3)

対応表

因みに内装コードの法則は統一表記なので、前回をご参照ください

北米「Miata」VINコードを読み解く

さらに北米では、国際標準化機構(ISO)3833によって定められた17桁の「VINコード」により、マツダに限らず全ての自動車が管理されています。

ちなみに日本国内向け車両は、国土交通省が定める「型式 – 番号」と車台番号を使用しているためVINコードは採用されていません。

しかし、NBロードスターはグローバル販売を行うクルマなので、北米向けには当該地域のVINコードが採用されているのです。

それでは、北米仕様のVINコードを読み解きますと…

例)JM1NB3538Y0153757

これらは以下の17桁、8区分に分けることが出来ます。

①JM1 ②NB ③35 ④3 ⑤8 ⑥Y ⑦0 ⑧153757


①国際製造者 JM → JapanMazda(マツダ乗用車)
②車両属性 1 → Car(乗用車)
③型式 NB → MiataMk2
④車両区分 35 → Convertible(オープンカー)
⑤エンジン仕様 3 → 1.8DOHC BP
※4 = 1.8 liter Turbo(04-0x)
⑥CHECK DIGIT 8 → コード演算アルゴリズム
⑦生産年度 Y → 2000年
⑧生産地 0 → Hiroshima
⑨車台番号 153757 → シリアルナンバー

面白いのは、欧米では中古車を購入しようとする人などがVINコードでクルマのグレードや仕様の確認を行ったり、盗難暦や事故暦、欠陥車等も見極められる車両履歴の照会サービスが一般的になっていることです。車両履歴のかなり細かいフィードバックが求められるのは、何よりもクルマを長く楽しむ文化があるからだと思います。

まとめ


実際には、こんな「VINコード」や「車台番号」なんて知らなくてもNBロードスターのハンドリングに影響はありません。正直Miata/MX-5 mark2(NB)の中古車を輸入することが無ければ、ここまで踏み込む事は少ないと思います。

ただ、話のネタとして分かっていることの共有でした。20年前のロードスターでも、まだまだ知らないことだらけです・・・

NBデータ集カテゴリの最新記事