NDロードスターのハードトップ(DHT)は登場するのか

NDロードスターのハードトップ(DHT)は登場するのか

この記事を読むのに必要な時間は約8分です。

第4世代ND型ロードスターのルーフ形状において、山本主査(※ND初代主査:当時)が「(RHTとは違う)もうひとつの可能性」というものを示唆されていましたが、それがRFだったのか、もしくは純正ハードトップだったのかは謎のままです。中山主査(ND2代目主査)もRF発表の後に「第三の屋根」をいう表現をしていた気がするのですが・・・

NDロードスター純正「ハードトップ」がない理由は?


2019年にマツダから発表されたコンセプトカー「DROP-HEAD COUPE CONCEPT」登場まで、NDロードスターには公式に純正ハードトップは用意されないと発表されていました。

では、歴代ロードスターと同じリアデッキにあるアタッチメントはどういうことか!?となるのですが、あそこは「社外ハードトップなどに用いるハードポイントである」とアナウンスされていました。でも、シンプルなデザインを志していたところに、余計なパーツは付けませんよね。

結果としてコンセプトカーでDHT(ディタッチャブル・ハードトップ)が仮装された状態で発表されましたが、噂話としてはDHTのデザインにおける完成度が至らなく承認がおりないとか、コスト問題などが聞こえてきましたが・・・

ただ、一番もっともな理由は「必要ない」からなのかも知れません。

そもそも、NDロードスターの幌はフレームとアルミ製のルーフパネルが一体化されています。

つまり見た目は「幌」でも、固い屋根(=ハードルーフ)を内蔵しているので、歴代モデルよりも耐候性があるのは間違いありません。さらに、どうしても固定ルーフを求めるのであればRF(RHT)も併売されています。

そもそも2015年のデビューから「8年以上売る」とされるNDロードスターは、モデルサイクル後半に突入しています。

現時点でメカの熟成はあっても、エクステリアの大幅なマイナーチェンジを行わないことを鑑みると、幌をまとった現行ロードスターのデザインは、これが最良であると判断されているのかも知れません。2016年のワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)受賞は、世界的に評価されている証拠でもあります。(※後の情報では、フルチェンは2024年とか・・・)

なお、海外のNDロードスターRFは「MX-5 RF/Hardtop Convertible」と表現されます。NCロードスターRHTは「MX-5 Coupe」という表現だったのはトリビアです。

MX-5グローバルカップカー・ハードトップ


なお、北米マツダでは「MX-5CUP」に使用されるグローバルカップカー用のハードトップが販売されています。但し、カップカー専用なので一般販売はされておらず、価格もフルカーボン製で$4,420-(約50万円)とのことです。


また、このMX-5のグローバルカップカーは2016年から国内販売もされていましたが、グローバルカップレース「MX-5CUP JAPAN」にエントリーを行うチームが存在せず、2019年時点で開催中止となりました。始まる時は鳴り物入りのプレスリリースだったのに、秘かに終わっていたのは残念です。※北米のグローバルカップは継続開催しています。

参考→https://mx-5nb.com/2020/07/06/global_cupcar/

アバルト124・ハードトップ


2018年に開催されたジュネーブモーターショーでは、NDロードスターの兄弟車「アバルト124GT」に、カーボン製のハードトップを装着するとアナウンスがありました。重量は約16kgなので、ひとりで全脱着可能な軽さです。


ハードトップのデザインはWRCのR-GTクラスで活躍する「124R-GT(Rally)」に準じていますが、ロードスター伝統の素晴らしいのは湾曲グラスが採用されているところです。勿論Fiat謹製ですからマツダは関わっていないと思われますが・・・


価格は€3,400-(日本円換算で約42万円)、国内の正規販売はありませんので仮に純正購入を検討すると、さらに送料などのコストが加算されると思います。

参考→https://mx-5nb.com/2020/07/20/abarth124rally/


ここで気になるのはNDロードスターとの互換性です。

NDも124も(もちろん卑弥呼やロックスターも)幌自体のパーツは共通です。しかし、ベルトラインやアタッチメントのスペースを現車で確認したところ、そのままポン付けは厳しそうです・・・まったく形状が違っていました。なお、兄弟モデルのカラフルな幌は、もちろんコンバート可能です。

大本命?NDロードスター・純正ハードトップ


2019年初頭の東京オートサロン/大阪オートメッセでは、NDロードスターのコンセプトモデル「DROP-HEAD COUPE CONCEPT」が展示されました。


このモデルは脱着式のカーボン製ディタッチャブル・ハードトップ(DHT)が架装されたことが話題になり、「ついに純正ハードトップが登場するか!」と注目を集めました。しかし、2021年2月時点でも市販化のアナウンスはありません。

なお、本来の「ドロップヘッドクーペ」とは、幌を持つオープンモデルではありつつも、幌の内側に完全な内張りを持っており、幌を閉じればほぼクーペと同等の居住空間を得ることができる・・・というモデルを差します。有名どころでは、ロールスロイスなどがこの名称を使います。

コンセプトかあーはクオリティの高い【固定ルーフ】を強調した、秀逸なネーミングだと思います。

しかし、カーボン製ハードトップということは「軽さ」さておき、「コスト」は先のアバルト124に準じたものになるのではないでしょうか。下手したら中古のNBロードスターが買えてしまう・・・

歴代ハードトップコストを比較してみる

では、歴代ロードスターにおけるハードトップの相場はいくらに換算できるのかを調べてみました。もちろん、現時点でNA~NCロードスターは新車販売されていませんので、あくまで参考値です。


※NCRHT、NDRFは「幌」ベースグレードとの差額

こう並べてみると、NCロードスターRHTの差額が普通にハードトップ(DHT)を購入したときよりも小さいことに驚かされますが、国内のNDロードスターはパワーユニットの仕様(エンジン排気量)が違うので、こういった差が出たかと思われます。

なお、欧州では1.5LエンジンのロードスターRFが販売されていました。英国価格で幌1.5Lが£23,800-(約320万円)、RF1.5Lが£25,700-(約346万円)。単純計算できないかもしれませんが、価格差は約26万円となります。そう考えると、RFもハードトップ代金としては適正なのかも知れません。


また、そのうえで「カーボン製」の固定ルーフは、RFとの差別化を図るための軽量化やプレミア性を踏まえても、40万を超える価格が設定されるのは仕方がないかも知れません。

ただ、そこまでして「欲しいか」となると、NDロードスターにはRFもありますし、アフターマーケットのハードトップも販売されているので、そちらの方で検討する方が現実的な判断だと思われます。まぁ、そんなに数が出ないことは予想が付きますよね・・・


ちなみにNDロードスターのプロポーションから検証すると、NDの重量配分は歴代ロードスターと同じく50:50とされてはいますが、着座位置は中心よりも後方、リアタイヤ寄りになっています。(だからコンセプトカーを「ドロップヘッドクーペ」という表現にしたかも知れません)

できないことを妄想しても仕方がないのですが、これを先代ロードスターと同じく「人間中心」にバランス調整すると(※下の画像です)・・・あれ、もしかして超絶カッコいい?純正ハードトップがなかなか登場しないのは、デザイン許可が下りないという噂は先にかきましたが、あながち嘘ではないのかも・・・と、妄想してしまうのでした。

関連情報→

NA/NB ハードトップ(DHT)のススメ

ロードスターコラムカテゴリの最新記事