ロードスターミーティングのススメ(配慮しながら)

ロードスターミーティングのススメ(配慮しながら)

この記事を読むのに必要な時間は約9分です。

今はまだ、配慮をしなければいけないけれど


2020年9月の段階では、未だ収束の気配がみえない新型コロナウイルス。感染予防には接触の回避・・・すなわち、ソーシャルディスタンスを担保するような、コミュニケーション制限が推奨されています。言葉は悪いですが、ある意味引きこもっていることが賞賛される状況です。

自動車趣味の観点からすれば、他人に迷惑をかける可能性があるならば、大人しく愛車のメンテナンスをしているほうが世の中のためでしょう。ただ、かつての日常に戻ることを踏まえても、ぜひお勧めしたいのがロードスターミーティングの参加です。

そこには、新たな友人との出会いや得られる「生」の知識・体験談など、リアル・コミュニティだからこそ得られるものが沢山あるからです。今回は、そんなトピックです。

楽しみ方の分だけ、待っている世界がある


ひとことでクルマ趣味といっても、多様な世界が広がっています。特にロードスターのような趣味車は、純正のポテンシャルをとことん楽しむのもアリですし、高みを求めてカリカリにチューニングする方もいらっしゃるでしょう。

ドレスアップももちろん楽しいし、のんびりと屋根を開けて流すだけで十分という楽しみ方もあります。あえてオープンカーではなく、コンパクトなクーペボディを楽しむハードトップ固定もアリですし、古くなってきたクルマのトラブルやメンテナンスを楽しむ・・・なんてのもあります。ツーリング先で写真をたしなむのも面白いですね。

情報化社会の現在では、インターネットやSNSをたどれば、これらのクルマ趣味に関するさまざまな情報を得ることができるので、あえてソロで楽しむというのも全然オッケーだと思います。

どれが王道だ!なんて断言できません。どれも正しい楽しみ方なのです。

ただ、ロードスターの面白い特性は、こういった「楽しみ方」に関して、リアルなコミュニティが多数あり、そのリアルな情報を得られる最たる場が、ミーティング会場なのです。

共通言語から得られる「肯定感」


私事で恐縮ですが、私自身は引きこもり気味の性格なので、ミーティングには気恥ずかしさや面倒くささのイメージがずっとありまして、ずっと嫌厭(けんえん)していました。

ところが、ミーティングに参加したきっかけは単純なもので、今の愛車を再購入した際、「なぜ集まるのか?」「何が楽しいのか?」「どんな空気なのか?」と疑問を持ち、せっかくだから一度だけ経験してみようかな・・・と興味を持ったからでした。

そこで自動車系SNSを調べてみると、地元でも頻繁にミーティングが開催されていることが判明しました。

ただ、それでも参加(表明)をするまで数か月かかり、当日になって会場に着く前に恥ずかしくなって、引き返したこともあります。知らないコミュニティに飛び込むのは、とても勇気がいるんですよね。自分の気持ちに無理をしてストレスを貯めこむのは本末転倒ですしね。

ただ、SNSで知った方に一度だけ挨拶がしたかったことと(どんな方か興味が湧いて)、会場に向かうオープン走行が気持ちよかったことが後押しして、無事ミーテイング会場に入ることができました。

そして、目的の方にお会いして、挨拶もそこそこに始まった会話で・・・


「グレースグリーンマイカ」「VS」「NR-A」などの会話が飛び交います。これらはロードスターを知らなければ、生涯口にすることはない言葉だと思うのですが、初見の方といきなり【ロードスター用語】で会話ができている事実にハッと気づきました。

自分の趣味を肯定されたといったら大げさかもしれませんが、同じ世界観を持っている方と交流できる世界は、言葉ではなかなか表現できない感動でした。もちろん意気投合し、年の差はあれども新たな友人ができた瞬間でした。

きっかけは何でもいい


このように、ミーティング参加の目的はロードスター仲間の空気感を楽しみたいというもので、ぜんぜん十分です。ただ、そこは同じロードスターという趣味を持つコミュニティです。ロードスター乗りであれば気になる課題を解決するヒントや、痒いところに手が届くアイディアを得ることのできる場でもあるのです。

例えば、エンジンオイル漏れや猫クラッチ、雨漏りや幌の補修などトラブル経験や対策を知っている人は必ずいますし、バケットシートが気になれば、試しに座らせてもらうことも可能でしょう。ボディ補強のノウハウもあれば、世代の違うロードスターのディティールをじっくり観察することもできますし、信用を得られれば試乗をさせてくれるかもしれません。

もちろん、勝手にヒトのクルマを触るのはNGです。ただ、オーナーさんに一言挨拶すれば、よほどの無礼がない限り、オーナーさんは快諾して、いろいろ教えていただけるはずです。

あらゆるナマの情報が集約されているだけでなく、その場で解決しなくても、その先の伝手を得ることも可能です。そこには老若男女関係なく、ロードスターという軸で繋がっている仲間たちがいるのです。共感の力なのか損得勘定もなく、いい意味でおせっかいな大人たちがいるはずです。

ミーティングで気を付けたいこと


ミーティングにはメーカー協賛や大型クラブ主催の大規模なものから、地元コミュニティやツーリングメンバーの募集、さらにはストイックな文科系のものまで、インターネット等で開催告知をしています。

参加にあたりエントリー方法を確認するのは当然として、絶対にコミュニティのルールを確認し、順守しましょう。ただ、ルールといってもそんなに堅苦しいものは少なく、「エンジン空ぶかし」や「会場近辺の暴走行為」「違法改造はダメ」など、社会的にも行動NGなもばかり。基本的に、生きていくうえでの常識があれば大丈夫です。

また、日常生活でもそうですが、リアルなコミュニケーションには最低限の礼儀や、同じクルマを乗っている仲間として、相手をリスペクトをすることも大切です。趣味車にゾッコンな(いい意味で)駄目な大人の集まりであっても、「きちんと挨拶ができる」レベルの常識は必要です。

いきなりタメ口で馴れ馴れしいのは、誰にとっても違和感なのは当たり前なのです。なお、男性比率の多い会場ですから、女性にガツガツしているのも寒いので気を付けましょう・・・


ユーノスロードスターしか認めない、ATは認めない、NCロードスターは大きいからロードスターではない、NB以降は乗用車なハンドリングでつまらない・・・仮にこのような、自身の方向性と違う方と接してしまっても、その価値観を否定してはいけません。そういう考え方も、ある意味では正しいのです。

ただ、自分の方向性と違うと感じたら、ややこしくなる前にそっと逃げましょう。

人間の潜在能力は面白いもので、自分と違う違和感に気づく力というか、空気を読む力があるのです。趣味の世界なんですから、人間関係のトラウマを持ったら勿体ない。自分の直感を信じて「何かおかしいな?」となったら、離れる選択もアリです。

ロードスターをみるとオーナーが見えてくる


ミーティングで特に面白いのは「名は体を表す」のごとく、そこにあるロードスターにはオーナーさんの趣向が色濃く反映していることです。だからこそ、自分好みのロードスターがいれば、まずはそのオーナーさんに挨拶することからチャレンジしてみてください。

かの貴島主査も、ロードスターが支持される理由は「運転の楽しさ」だけではなく「人を繋げる楽しさ」だったことに気づいた・・・とおっしゃっていました。NBロードスターのコンセプト「Lot of FAN」は、そういった意図なのです。

愛好者がただ集まるだけで、自動車文化の醸成になるのか・・・なんてお堅い意見もありますが、求めれば自ずと濃いミーティングにも行きつきます。しかし、行動をしないと何も始まりません。

見たい、知りたい、聞きたいと思ったら、まずはドライブがてらでもミーティング会場に足を運ぶこと、オススメさせていただきます。

ただ、今日現在(2020年)はどうしても人が集まるミーティングそのものが、ソーシャルディスタンスの配慮や自粛をする必要な状況になっています。ただ、ロードスターが逃げることはありませんし、来年にも桜が咲く季節が訪れます。皆がまた安心して交流できる社会、早くいつもの日常に戻れることを心待ちにして、会場で会いましょう!

筆者自身も様々なミーティングに参加しています。お声がけした際には、相手をしてもらえると嬉しいです・・・

関連情報→

【NB20th】「ロードスター」の継承(G-4)

イベントカテゴリの最新記事