幌トップロック補修(NBロードスター)

幌トップロック補修(NBロードスター)

とあるミーティング参加の帰宅時、オープントップの状態から幌を閉めようと思ったら、トップロックが緩々でカチッと閉まりません。そこでロードスター乗りの友人から、解決方法をご教授いただきました。まさに文殊の知恵です。※作業は自己責任になります


原因は、トップロックとストライカー(受け)部分の調整をきつくしすぎたことと、摩耗でロックする部分が削れていた事にあるようです。

トップロックを外す


先ずはトップロックを外します。とてもキツい場合があると聞いていたのですが、私の愛車はすんなりいけました。こちら、3番規格(太い)のドライバーでなければネジ山を痛めますので注意。


摩耗していたロック部分を観察します。
ちょうどココにネジを打ち、ロック状態を戻そうという作戦です。手持ちの工具で穴を開けようと思ったのですが、電動ドリルくらいトルクがないと無理でした・・・そこで、場所を移します。

トップロックの加工を行う


工具で困った時はホームセンターです。最近は作業場や工具の貸し出しをしてくれるのです。どちらにせよ、補修パーツの購入も必要なので、一石二鳥です。


電動ドリルを貸りることはできますが、消耗品は持参になります。そこで電動ドリルに対応するドリルビット2mm頭と、プラスドライバー1番ビットを購入しました。

また、補修用にはM2のタッピングビスをチョイスしました。全部合わせて(工具レンタル料込みで)1600円位。


いきなり完成しているのは、ホームセンターの店員さんと相談していたら「私がやりましょうか?」と作業してくれたからです・・・電動の力と、プロの技に助けられました。摩耗部分の頭に「ネジ」が打ってあります。

無事に補修完了


トップロックのロック部分が、ネジの頭でカチッとはまり復活しました。


幌に取り付けて閉めてみると・・・びっくりするくらいカチッとロックします。むしろ、今までよりもカチッとしていて驚きです!ご指導を頂いたお友達に感謝です!

この現象はNBロードスター幌の持病です。トップロック自体のパーツ交換でも解決しますが、非常に高価だったりします。ネジとドリルで補修できるのであれば・・・という情報共有でした。

関連情報

NBロードスター幌の話 その1(NA幌)

NB整備記録カテゴリの最新記事