NA/NBロードスター 純正ホイールバリエーション(14インチ)

NA/NBロードスター 純正ホイールバリエーション(14インチ)

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

純正アルミホイールのこだわり

今回はNA/NB純正アルミホイールのトピックです。

「軽さは性能」とするロードスターですから、感性モーメントにも関わるバネ下重量・・・つまりアルミホイールにも相当なこだわりを持って開発されました。

マツダには自動車業界で最も厳しいとされる足回りのテストコードが存在するそうです。30年前の話ではありますが、メルセデスのアルミホイールですら合格するものがない「縁石乗り上げ」において、幾度もデザイン修正をおこない開発されたNA純正のアルミホイール。

比較的短期間でデザインされたそうですが、一番スポーティに見えるスポークタイプにこだわりました。しかし、テストをクリアするために当初のデザインから大幅に変更され、スポーク数を増やしつつ、肉厚を最小にまで落とし、軽量化を行いました。


しかし、開発最終段階で10%の重量軽減が課せられ、オリジナルデザインではそれが達成できないとホイールメーカーからの回答がありました。そこで8本スポークから7本スポークに平井主査の判断で変更し、重量もコストも達成できた・・・というエピソードが残されています。

オリジナルデザインをひとりで行った田中俊治氏は「デザイナーの了解もなしにデザインを変えるとは!」とクレームを付けたそうですが、重量軽減と厳しい設計基準をアルミメーカーが保証するとのことで、怒りの鉾(鉾)をおさめたそうです。

参考:マツダ/ユーノスロードスター 日本製ライトウェイトスポーツカーの開発物語(三樹書房)より


これはNB後期型の16インチホイールですが、そんなエピソードが残っている通り、純正アルミホイールを裏面からみると、多くの肉抜き穴が確認できます。

さて、そんなロードスターの純正ホイールを以下より振り返っていきます。なお、小数点以下は四捨五入しているのと、製造差分があるので、あくまで参考値としてご覧ください。

NAロードスターの14インチホイール


スチールディスク・ホイール:8.2kg
14×5.5 J 4H 100 45

主な装着車:ベースグレード(NA)/標準車・Mパッケージ(NB前期)/WebTuned(NB後期)

鉄製の規格品、いわゆる「鉄チンホイール」です。アフターマーケットの商品で交換する前提とされており、実物を見る機会は少ないかもしれません。後述するアルミホイールよりも約4割重いということもあり、どっしりと落ち着いたハンドリングになるとされています。


7スポーク・アルミホイール:5.6~5.7kg
14×5.5 JJ 4H 100 45

主な装着車 NA6:スペシャルパッケージ/Vスペシャル/Jリミテッド

NAロードスター専用に開発されたアルミホイールです。オリジナルデザインは8スポークだったものをコスト削減と軽量化を達成させるために7スポークにリデザインされました。当時、海外市場ではメーカー標準アルミホイールデザインの評判がいまいちだったなか、現地でとても好評を得たそうです。

なお、国内はホイールセンターに「ユーノス」のバッジが刻印されていますが、海外ではマツダ旧ブランドシンボルが描かれています。


BBS OEMアルミホイール:4.1~4.8kg
14×6 JJ 4H 100 45

主な装着車 NA6:Sスペシャル
ゴールドカラー:Sリミテッド

より走りに特化したグレード「Sスペシャル」系に装着されたホイールです。ビルシュタイン・ダンパーと共にメッシュタイプのBBSホイールで“その気”にさせてくれました。このホイールは製造公差があるのか、重量の差分が広いことで知られています。なお、ユーノスロードスターのショップオプションとしてデビュー当初より選択は可能でした。


7スポーク・アルミホイール:4.8~5.2kg
14×6 JJ 4H 100 45

主な装着車 NA8:スペシャルパッケージ/VスペシャルType1/SスペシャルType1/JリミテッドⅡ/Gリミテッド
メッキ加工:VスペシャルⅡ/SRリミテッド

NA8シリーズより、標準アルミホイールのデザインが刷新されました。NA6に負けず劣らずロードスターにマッチングした、洗練されたデザインです。メッキ加工されたバージョンも存在し、シリーズ最後まで架装されました。面白いのはSスペシャルで、Type1は14インチですがType2は15インチがチョイスされます。

このホイールは少なくとも裏面の肉抜きが3バージョン確認されており、重量差分の幅が広いことも確認されています。


7スポーク・アルミホイール:4kg
14×6 JJ 4H 100 45

主な装着車:M2 1028(NA8)

見た目はNA8の14インチホイールに塗装を施しただけにみえますが、実は軽量化が施されており、ロードスターに架装された14インチとして最も軽いものになっています。市場に出回ることはもはや少なく、標準アルミに塗装をしたフェイクに注意です。なお、他のM2は15インチを履いています。

NBロードスターの14インチホイール


スチールディスク・ホイール:8.2kg
14×5.5 J 4H 100 45

主な装着車NB6/8:標準車(前期)/Mパッケージ(前期)/WebTuned(後期)
NBでも目にすることは少なかったスチールホイール。海外ではこの状態で出荷され、現地で独自のアルミホイールに変更し、「現地限定車」として販売されていました。


5スポーク・アルミホイール:5.7~5.8kg
14×6 JJ 4H 100 45

主な装着車 NB6/8:スペシャルパッケージ/SP/S(前期)/VSシリーズ/M(後期)/YSリミテッド/クーペ

NBロードスターのグラマラスなラインに合わせて、力強いデザインの14インチホイールがデザインされました。アルファロメオのような、欧州車にも似合うデザインです。エレガンスグレードのVSには最後まで装着されており、ベーシックなロードスターの足まわりは14インチであることが分かります。

純正14インチホイール まとめ


なお、14インチの選択肢としては、フォルテクスのワイヤーホイール(モナーク)などもショップオプションで購入可能でしたが、今回は納車時に装着されていたものをご紹介しています。

ロードスターのデビュー当時、14インチホイールが選ばれた理由は明確でした。ライトウェイトかつ、アフォーダブル(手軽)に楽しむスポーツカーとしての価値を提供するロードスターにおいて、当時の乗用車で標準採用されていた・・・つまり、気軽に(安価に)タイヤ交換が可能だったからです。

2020年現在では、軽自動車も16インチを履く時代になったので、逆に選べるタイヤが少なくなったといわれていますが、初代ロードスターのハンドリングは14インチで評価されていたことも大きなポイントです。その乗り味を試す機会がありましたら、ぜひ楽しんでいただければと思います。

次回は15インチ以上の標準ホイールを紹介します

NEXT→

NA/NBロードスター 純正ホイールバリエーション(15/16/17インチ)

NBエクステリアカテゴリの最新記事