「重さ」と「燃費」の相関関係

「重さ」と「燃費」の相関関係

私の居住地は1人1台クルマが無いと生活できないような地域です。それにかこつけて、私はNBロードスターに乗っています。ただし、維持コストは一定の範囲でやると家族に約束をしています。

そんな維持コストに地味に効いてくるのがガソリン価格。スポーツカーにおいて燃費を気にするなんて・・・って意見はあるかもしれませんが、開発主査も「アフォーダブルのために、レギュラーで走れるようにした」という発言があります。

ガソリン価格は変動する


総務省統計局のデータを見ると(オイルショック以前のガソリン価格60円以下というのは論外として)90年代から徐々にガソリン価格は下がり、それは04年代まで続いていました。ロードスター視点でみると、NA~NB全盛期にあたります。その後、世界譲勢や景気変動の影響をはじめ、最近は災害が起こる前後などで、ブレ幅がある状態になっています。(※グラフは統計局のデータより引用)

こんな状況の中で、燃費が良くて「悪い」ことはないはずです。

ハードトップは意外と重い


さて、マツダ・ロードスターはライトウェイトスポーツ(LWS)というジャンルのクルマです。LWSは運動性能を上げるために、心中を注いで軽量化を行っています。つまり「軽さは性能」なので、公道を「楽しく」走るための装備以外は、基本的にそぎ落としているのが特徴ともいえます。

また、オープンカーでもあるので屋根は幌(ほろ)を張ってしのぎます。一見やわにみえる幌ですが、青空駐車でも問題なく使えるのが凄いところ。


でも、梅雨・酷暑・降雪など天候が荒れやすいシーズンは、屋根の耐久性やエアコンの効きを考慮して、ハードトップ(DHT)という樹脂製の屋根を後付けすることも可能です。

ただ、このハードトップは結構重くて約30kgくらいの重量があります。例えるなら8~9歳児ほどの重さがを、重心の高い位置に配置されるのです。

「重さ」と「燃費」を検証してみる

さて、ここからが燃費の話です。クルマには「カタログ燃費」というものがありますが、重量が増すと燃費が落ちるという話、耳にされた事はありませんか?

私の乗り方では、ハードトップを一定期間装着します。そこで、燃費ログから重量増と燃費の関係を検証してみました。


私の生活においてロードスターは、公園や買い物などに行くための「街乗り」メインの使い方です。長い距離を走るツーリングは数か月に1度くらい。エンジンの火は毎週末(土日)に入れています。したがって、給油も月一くらいのペースです。

また、ハードトップ(DHT)を装着する時期は6月~8月(梅雨~酷暑)と12月~2月(冬季)の合計6ヵ月で平均燃費は11.14km/Lになるのですが、赤く区分けした期間は分かりやすく平均燃費を下回っています。特に2018年、2019年の夏は史上稀にみる酷暑で、エアコン使用過多もあり極端に下がってしまいました。

なお、愛車はNB6C(NR-Aベース)なので車重は1,030kg。ハードトップは約30kgですから、ハードトップによる重量増は約3%です。また、カタログ燃費は14.2kmになっています。

それでは、愛車の燃費を比較してみますと・・・

平均燃費11.12km/L  重量増時期:平均9.82km/L(88.3%)


クルマの使用用途はほぼ変わらずとも、DHT時期は通常よりも1割以上の燃費悪化が判明しました。(余談ですが、旧車の結果とはいえ、カタログ燃費から計算すると、平均燃費も8割くらいしか出ていません・・・)

「軽さは性能」にチャレンジ


せっかくなので、アカデミックな検証を探してみると…日刊工業新聞社において下記のデータが公表されていました。

自動車100kg軽量化 → 燃費1km/ℓ向上

参考リンク:「自動車の軽量化」日刊工業新聞
https://pub.nikkan.co.jp/uploads/book/pdf_file553f1bb4cd863.pdf

乱暴な考えですが、このロジックでいけば30kg増は0.3km/L減という計算になります。しかし、もっと重要なポイントは「カタログ燃費」における乗員の重さです。実は一人当たり55kgで計測されているそうなので、いくらロードスターでも恰幅がいい二人が乗車すると、それなりに影響が出そうです。

さて、NDロードスターのように、100kg軽量化というのはなかなか出来る事ではありませんが、トランクや後部座席裏に収納してある重量物(普段使わない荷物)を片付けるだけでも燃費には効きそうです。

もちろん、その他にも「一定の回転数で走る」「空気圧を上げる」「プラグを変える」「エコタイヤを履く」など、様々な燃費改善手法はありますが、恒常的に効きそうなのは「軽量化」とともに、自分自身のダイエットになりそうです。

軽さは性能・・・とは、よくいったものですね!

<関連情報>

NA/NB ハードトップ(DHT)のススメ

NBデータ集カテゴリの最新記事