ロードスター「スピードスター」コンセプト

ロードスター「スピードスター」コンセプト

そもそもスピードスターとは


「Speedster」・・・スピードスターという言葉は、辞書では「スピード狂、非常に速いドライバー、速いクルマ」と訳されます。

一方、クルマのジャンルとしての「スピードスター」となると明確な定義はなく、「オープンカー=ロードスター」のように、「軽くて速いクルマ」に対してメーカーがペットネームに採用することがあるので、その解釈はさまざまです。

ただ、ルーツを調べていくと、今から約100年前の量産車「T型フォード」時代からあるモデファイであることが分かります。チューニングを施したエンジンをストックフレームに搭載し、走りのみを追求したカスタムカーがその語源にあるようです。

Speedster: A Definition
A Speedster is a simple but powerful car meant for speed, fun, and adventure.

スピードスターの定義
スピードスターは、スピード、楽しさ、冒険を目的としたシンプルだがパワフルなクルマ。
出典:https://www.classicspeedsters.com/


なお、「T型フォード」は現在も愛好家が多く存在し「スピードスター改造パーツ」も販売されています。米国自動車文化の懐の深さを感じずにはいられません。

また、そんな背景からか歴代ロードスターにも「スピードスター」へモデファイしたコンセプトカーが必ず登場します。今回はそのあたりをご紹介します。

1994 Miari(NA)


「ミアリ」とよばれるこのクルマは、モントレーヒストリックというクラシックレースカーイベントに展示されたコンセプトカーです。「Miata」に「Ferrari」の名前をかけているそうです。


そして、このクルマをベースにして次の「M Speedster」が製作されました。

1995 M Speedster Concept(NA)


ニューヨークオートショーにて発表された「Mスピードスター」。このデザインを担当したのはMiataオリジナルデザイナーのひとり、トム俣野氏です。

ボディカラーは「キャンディアップルレッド」というオリジナル塗装です。この色はスピードスターには欠かせないカラーリングで、ブリティッシュスポーツにグリーンが用いられるのと同じ文化があるそうです。

エクステリアではハーフサイズのウインドシールドとビルトインフォグが目につきますが、ボディ下部はコークボトルシェイプがより強調されるフレアフェンダーに調整されています。また、この造形はNBロードスターに引き継がれることになります。


スーパーチャージャーを施した1.8リッターSOHCエンジンは200馬力を達成し、215/50/15のヨコハマAVSという、当時はかなり珍しかった太いタイヤを履いています。また、ソフトトップ収納部はヘルメット収納ハッチに改装されています。


好評だったこのクルマは現在はイエローにリペイントされており、米国マツダのイベントブースで再会することが可能です。

2000 Mono-Posto(NB)


「モノポスト」はラスベガスSEMAショーにて展示されたNBロードスターベースのスピードスターです。

当時、フォードアンブレラ(傘下)だったマツダですが、フォードがすべてのブランド(フォード、ボルボ、リンカーン、アストンマーティン、マーキュリー、ジャガー、マツダ)を1つのパビリオンで表示したことも話題になりました。


イメージソースは1950年代の古典的な「jaguar D-Type」や「Lotus 11」の耐久レーサーであり、ヘッドライト、リアランプ以外すべてのエクステリアを作り直しています。


リアフェンダーからバンパーまで大胆な一体成型であり、リア視認はカウルマウントのバックミラーのみ。グリルはNB前期型では非採用だったマツダファミリーフェイス(五角形グリル)であったりと、見どころが満載です。


SEMAショー自体がカスタマイズカーイベントであることもあり、メカは市販カスタマイズパーツにてチューニングが施されています。HKSインタークーラーターボ190馬力、18インチホイール、センターマフラーと、軽くて速い・スピードスターであるための装備が揃っています。

なお「モノポスト」とはラテン語で「シングルシーター」を意味した言葉です。

2009 MX-5 Superlight Concept(NC)


欧州フランクフルトモーターショーにて20周年を迎えたMX-5に対し、初代NAロードスターをリスペクトした「超軽量」バージョンとして製作されたスピードスターです。


ドナー車はヒーターユニットも含め、走行に不要な部品はすべて取り外されました。外側のドアハンドルも廃されているので、ドアを開口するには内側にある革のプルを使用します。ただiPhoneのドックが装備されているのは現代的なスピードスターの解釈で、音楽を楽しむのもスポーツカーの要素ということです。純正デッキより圧倒的に軽くなりますからね。


なお、極端なエンジンチューニングはなされず、5MT、1.8リッター125馬力というスペックになっています(※1.8リッターは欧州販売のみのエンジンです)。ただ、名前の通り車重を995kg(▲115kg)にまでダイエットしたことで、高トルクなMZRエンジンと相性のいいベストバランスなスピードスターに仕上がっています。

2015 MX-5 Speedster Concept(ND)


「モノポスト」と同じくラスベガスSEMAショーにて発表された「MX-5スピードスター」は、1950年代のオープントップスポーツカーをイメージソースに、基本的な走行性能以外の部分を取り払ったコンセプトカーです。ボディカラーは「ブルーエーテル」で仕上げました。


パワーユニットの仕様(※スカイアクティブ2.0リッター)に変更はありませんが、量産車と比較して30mm低くなるコイルオーバーサスペンション、レーシングビートセンターマウントエキゾースト、アルカンターラインテリア、カーボンファイバー・ミューレンデルタシートなどのモデファイがほどこされ、車重は943kg(▲115kg)に抑えられています。


黄色いタイヤマーカーに主張しないゼッケンなど、ヴィンテージモータリング意識したモデファイは、とてもセンス良くまとまっています。

スピードスターまとめ


「スピードスター」の現代的な解釈は、オープンカーにおいて一定の快適さを持つ「ロードスター」に対して、スピードを追求するためによりハードな軽量化を施しながら、パワーユニットの素性の良さを活かすモデファイが多いようです。実際、フェラーリやポルシェなどのメーカーからも現行車におけるスピードスター・コンセプトは発表されています。

国内ではあまり見かけないモデファイですが、海外で絶大な人気を誇るのが歴史的背景のあるスピードスターという形なのです。

関連情報:

ロードスターRFに「RHT」の片鱗を見た

ロードスターヒストリーカテゴリの最新記事