衝撃!走行距離495マイル(797km)の10周年記念車

衝撃!走行距離495マイル(797km)の10周年記念車

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

この記事は北米オークションサイト「BaT(BRING A TRAILER)」に掲載されているMiata(NBロードスター)のご紹介です。
リンク)→https://bringatrailer.com/listing/1999-mazda-mx-5-miata-69/

北米出身の友人から紹介されたひとつのオークションページに、衝撃を受けました。(※なお、このページの写真はオークションサイトからの引用です)

ほぼ新車の「ミアータ10周年記念車」


495-Mile 1999 Mazda MX-5 Miata 10th Anniversary Edition 6-Speed

つまり、北米仕様NBロードスターの10周年記念車が出品されているのですが、その走行距離と保存状態、さらにコレクタブルなアイテムに驚いたのです。

ざっくり10周年記念車を紹介しますと、「RS」グレード相当をベースに、専用色ノンセントブルーマイカ(海外名サファイアブルー/ビビッドブルー)のボディカラーとブルーの内装/幌をまとった特別なロードスター。全世界で7,500台販売され、日本国内では500台割り当てられました。


販売時期は1999年ですから、今から約21年前。長期保管されていた個体が、495マイル(約797km)という走行距離で出品されているのです。走行距離だけもすごいのですが・・・


ビニールがかけられたままのエクステリアだけでなく、ラジエーターのスポンジが残っているだけでなく、曇りのないヘッドランプだけでなく、コレクタブルアイテムまで揃っているのです!

このMiataの凄いところ


純正ハードトップ(DHT)が付いている
NBロードスターは基本的にボディカラーと同じ色のハードトップが用意されていますが、NAロードスターのものがコンバートできたことや、それなりに値が張ったことから、限定色のハードトップはレアアイテムになります。ボディ同色ハードトップとのマッチングは、NBロードスターの美しいボディラインをより強調します。

なお、ブルーのソフトトップカバーは他のNBロードスターのようにオプションではなく最初から付属しています。


純正エアロパーツ&フォグランプが付いている
素の状態でも美しいNBロードスターのエクステリアですが、この子の最初のオーナーはフルオプション仕様として仕上げていたようです。もちろん純正オプションですからボディ同色のものが用意されてはいるのですが、フロントエアダムスカート(リップスポイラー)、サイドエアダムスカート(サイドステップ)が取り付けられています。


もちろんリアスポイラーも抜かりはありません。オーナーさんの好みで塗装状態のものが保管されており、なおかつ取付けマニュアル(!)が保存されているようです。

また、ロードスター前期型(NB1)のフォグランプは純正バンパーを穴あけ加工して取り付ける必要があり、装着率はとても低いのですが、こちらも取り付けられています。


成約記念ギフトセットが残っている
もう二度となさそうなサービスですが、10周年記念車のオーナーにはセイコー製の腕時計、1/43ミニカー、10周年記念キーホルダー(北米だからMiataロゴ)がプレゼントされました。個人的に、その実物を見たのは初めてです・・・


10周年記念サドルバッグを購入している
これは純正オプションではないのですが、北米Miata用に作成されているサラトガ社のアイテムです。通常版は「Miata」のロゴのみですが、10周年記念車に合わせてブルーで「10th Anniversary」のロゴも刺繍されています。

Miata10周年記念車、ロードスター国内仕様との違い


ちなみに、ベースは世界統一仕様となっていますが、販売国による微妙な違いがあります。わかりやすいところでいうと、フロントナンバープレートがないことと左ハンドルであるところですが、細かいところでMiataは国内ロードスターのフェンダーにある丸いサイドマーカーがありません。

また、10周年記念車はエンジンバランス取り(ピストンサイズを揃えて組んでいる)をしていますが、これは日本だけの仕様です。(※ちなみに欧州仕様も微妙に違うのですが、これは別トピックで開設予定です。)


ともあれ、北米のコレクターは「クルマを寝かせる」ことがあると聞いてはいましたが、まさかNBロードスターのこういった個体が出てくるとは思いませんでした。

スタートは9,999ドル(約103万円)でしたが、現在価格14,567ドル(約151万円)。オークション終了日は現地時間で12月23日水曜日午前6時15分。

そして、最終的な落札価格は20,250ドル(約210万円)でした。当時価格が27,325ドル(当時の為替相場で約300万円)ですから、まだMiata(NBロードスター)10周年記念車はプレミア価格にならないようです。

次のオーナーの手に渡った後は走りに連れまわされるのか、文鎮になるのか定かではありませんが、ほぼ新車のよだれモノのロードスター、意外に安くて驚きでした・・・

関連情報

NB Roadster Meeting 貴島さん講演要約(2016)

NBストーリーカテゴリの最新記事