発表!新型ロードスター(1997~98年)

発表!新型ロードスター(1997~98年)

今回も引き続き、NBロードスターデビュー前夜の話です。

1997年はマツダにとって経営再建を始めた大切な年。この年末に開催されたイベント、東京モーターショーのブランドアイコンとして、NBロードスターはついにベールを脱ぐこととなりました。ファンの間では、当然その直前まで情報収集が行われていました。ソースは前回に続き、miata.net。あくまで意訳なので笑って読んでください。

1枚の写真がリークした


先ずは、意図せずリークしてしまった1枚の写真に関して。

Spy Shots?

The spy shot shown in Autoweek’s September 3, 1997 issue is most likely the real thing! (Tom Matano, speaking at Gold Rush ’97, confirmed that the Autoweek shot is “95% accurate.”) This photo marks the end of a year of speculation which has brought all sorts of fun possibilities to the Miata world. While still unofficial, we think its a good bet that Autoweek snagged it again. We’re not reproducing it here due to copyright issues, but the photo is probably closest to the yellow drawing below.

This photo generated quite an uproar when it came out. A US Mazda dealer had invited several members of a local Miata club to the dealership to watch a Mazda promotional video which contained this shot (along with a few others) of the ’98. One of those folks happened to have a video camera and was allowed to tape the show! We’re pretty sure this is a photo of one of the early ’98 concept models – not necessarily the real thing. But we don’t know for sure. Originally we decided not to publish this photo because it got back to us that Mazda was “hopping mad” about it, (can something be read into that?), but after it was published in just about every auto magazine around the world, we figured we might as well do it, too.

Copyright Brenda Priddy and Company / AutomediaOn the right are two images that were picked up by the UK MX-5 site. They definitely look like photos. Could they be the real thing? We don’t think so. (Photos copyrighted by Brenda Priddy and Company / Automedia)


スパイショット?

オートウィーク誌の1997年9月3日号に掲載されたスパイショットは本当っぽいです!(ゴールドラッシュ’97で、トム俣野(※オリジナルMX-5のデザイナー俣野努氏)からこのショットが「95%正確」と確認できました)この写真はミアータにおけるあらゆる妄想や推測の終焉になります。まだ非公式ではありますが、オートウィークは賭けに勝利したのです。著作権の問題が絡みそうなので全てを掲示することはできませんが、恐らくこの写真がドンピシャになりそうです。

この写真が出回ったとき、騒然となりました。米国マツダのディーラーは地元ミアータクラブのメンバーを招待して、98年のマツダプロモーションビデオを見せていたのです。その中の一人がビデオカメラで録画したのがこれ!まさに次世代ミアータのコンセプトと確信できました。

ただし、必ずしもまだ正確ではないし確証もありません。マツダはこの写真について怒りをあらわしたのですが(その行為自体が確定と裏付けるものですが)私たちのデータ没収はありませんでした。当然、私たちはこの写真を表に出さないことを決めていたのです。なぜなら、世界中のほぼ全ての自動車雑誌に出回ってしまうと思ったからです。

実際に第32回東京モーターショーが開催されたのは1997年10月24日なので、オートウィーク誌のスクープは約2ヶ月前。ただし世界で内覧会が開催されており、前回の記事にもあるように公然の秘密だったようです。

東京モーターショー(1997年)でデビューする!?


そしてモーターショー直前、事前情報として下記のトピックが共有されます。

Our prediction for the rumored new model supposed to debut at the Fall Tokyo Motor Show

General silhouette easily suggests as the Miata Roadster at a glance. Retractable head lights would be replaced with fixed sets. Air intake underneath the front bumper will remain the same as current model. Engine choice would be available in both 1,600 and 1,800!? Door’s open/close line is supposed to be changed a little. Triangle front pillar windows will remain due to required structure strength. Tire is 15 inch and tire tread will be widen little due to suspension geometry change. Tail light design succeeds roadster’s identity. High mount stop lights are naturally blend in to the body line. Rear windscreen will be upgraded to the glass window. Trunk space will be expanded to now accommodate two golf bags. Floor and suspension change would be limited to refining the current model.

秋の東京モーターショーでデビューする噂の新型モデル

シルエットはミアータ/ロードスターとして一発で分かる物になるでしょう。リトラクタブルヘッドライトは固定ライトに変わりますが、フロントバンパーのエアインテークは現行モデルと同じです。エンジンは1,600と1,800の両方で選択可能!ドアの開閉ライン(パーテンション)は少し変わっているはずです。構造強度を維持するために、三角窓は維持されます。

15インチタイヤが採用、サスペンション・ジオメトリ変更でトレッドはちょっと広がります。テールライトはロードスターのアイデンティティーを引き継ぐデザイン。ハイマウントストップランプはボディラインに自然に溶け込み、リアスクリーンはガラス製にアップグレード。トランクスペースは2つのゴルフバッグに対応できるよう拡張。フロア(シャシー)とサスペンションは、現行モデルを熟成させる方向になります。

Meanwhile…

What options are open? Well, if you’ve already got a Miata, there’s certainly no rush to make a decision. But if you’re thinking about one, you have a couple of options. You can wait until the debut, which is going to be at the Tokyo Auto Show this year (October). The North American debut will be around the beginning of ’98.

Another option is to enter into a 1 year lease. Mazda has made these attractively priced, low entry cost leases (something like $199/month, $1000 down) available for just that reason – a short term commitment.
Or you can find a pre-owned Miata, which will get you into the car of your dreams at a much lower entry cost than a new one would be.
Whatever you decide, we’re fairly certain you’ll have a permanent grin on your face once you get behind the wheel!

それまでに…

どの選択肢が最適か?あなたが既にミアータを所有していれば、急いで新車へ買い換える必要はありません。

ニューモデルを選択するならば、今年(10月)の東京モーターショーデビューまで待つのがお勧め。北米では98年の初めにデビューすると予想されます。

また、1年間のリース契約をすることも可能です。マツダはこの状況を踏まえ短期間ではありますが魅力的な価格のリース(1000ドル安い月額199ドル)を提供してくれます。

あるいは中古ミアータを探すことも手です。新型を手に入れるよりも遥かに安価なコストで、ミアータは夢のような体験をさせてくれるでしょう。

どれを選択しても、ミアータに乗った瞬間に「しあわせになる」ことは絶対間違いなし!

実際のモーターショーでは


実際にモーターショーのマツダブースにおけるコンセプトカーはミニバンブームへ対する直球勝負。左からMV-X(MPV)、SW-X(プレマシー)、MS-X(謎セダン)というラインナップで、アスレチックデザイン昇華前の味わい深い造形です。

現実路線のラインナップは2代目センティア後期型、海外名Mazda929。マツダ最後の大型FRセダンですね。(個人的にはNBロードスターに通ずるマイナー評価、いぶし銀の良さを感じます)

モーターショー直後11月にデビューする7代目カペラワゴン、海外名Mazda626、アテンザに続く系譜です。

そして1998年1月デビュー予定のユーノスあらため、2代目マツダ・ロードスター、海外名Miata/MX-5。なんとブースの大本命!テーマカラーのエボリューションオレンジと、グレースグリーンマイカが展示されました。

そして現在


その後の評価は多くは語りませんが、当時は賛否両論(というよりも否の方が…)だったエクステリアは20年後の今になって「愛くるしい、ロードスターらしい」となりました。見た目だけが変わった焼き直しなんて揶揄されたりもしましたが、それはNC、NDと続いてくれた今だからこそ「本物」であったことは書くまでもありませんね。

現代にライトウェイトスポーツを復活させた初代ロードスターの虚仮の一念は、大本営のレストアプログラムにまで発展していますし、2代目のNBロードスターも2018年はついに20周年を迎えました。

その輝かしい歴史の一端を今回の話で感じていただければ幸いです。

関連情報:

最後のときめきデザイン(NBロードスター前期型)

NBストーリーカテゴリの最新記事