巨大なNBロードスター(デザイン検討3)

巨大なNBロードスター(デザイン検討3)

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。


1993年からスタートした次世代型ロードスター(NB)の開発は、1994年にデザイン検討、量産決定は1995年、デザイン最終決定は1996年3月となりました。

デザイン検討を始めた段階で、世界中に拠点を持つマツダデザインの各スタジオは基本的にキープコンセプトを示してきましたが、カリフォルニア(MRA案)だけはモアパワーかつGT寄りな・・・一回り大きい「ロードスター」のデザインを提出してきました。

最終的な広島案(丸目デザイン)とMRA案のコンペはMRA案がウィナーとなりました。しかし、そのデザインコンセプトに対して「一回り以上大きかったサイズを小さく削った」という記録が残っています。


そこで今回は、デザインコンペを勝ち抜いたMRA案の解説とともに、プロダクトデザインまでの流れをご紹介します。なお、MRA案のフェイスはNAロードスターのターンランプ(ウインカー)をモチーフにしたヘッドライトで「表情」を作っています。

「MRA案」一次クレイモデル


一次クレイモデルのサイズは全幅1740mm(※3ナンバーサイズ)とされています。NBロードスターのカタログサイズが1680mm(正確には1678mm)と考えると、104%ほど幅広なことが分かります。


フロントビューを確認すると、ボンネットのパーティングラインがNCロードスターのように、ヘッドライト手前で分割されています。NAロードスターと同じサイドミラーの大きさを鑑みると、フェンダーの抑揚からワイドボディであることが分かります。


サイドビューはオーバーハングが目につきますが、前後ホイールのサイズを確認するとパースがついているので単純な比較ができません。ただ、NAロードスターに準じたドアノブのサイズとAピラー、サイドミラー、三角窓、ホイールベースを鑑みると、NAロードスターと共通のプラットフォームを意識していると思われます。


つまりホイールベースはNAロードスターに近しく、全長、全幅が極端にワイドだということです。


リアの抑揚も生産モデルにイメージは近しいですが、パーツのサイズが大きいので迫力が増しています。


折角なので比較してみます。現行NDロードスターの幅は1735mmなので、クレイモデルのサイズと近しいかもしれません。


さらにNDロードスターと横並びの写真で比較します。NDロードスターのワイドボディは側突安全レギュレーションをクリアするため必須要件になりますが、NBロードスターの時代に3ナンバーサイズであることに理由はありませんでした。

「MRA案」最終提案モデル


こちらは更にリファインされたMRA案です。

ヘッドライトを若干薄く造形し、ダイエットを図りながらもボディサイドの抑揚はよりダイナミックになっています。一見市販モデルに近しいイメージですが、ボディ全体はまだ大きめなのがリアバンパーのサイズで分かります。なお、ドアノブはNAロードスターの物を流用しています。

そして、丸目の広島案とのコンペを勝ち抜き、こちらのモデルがウィナーとなりました。

エクステリア最終モデル(プロダクトデザイン)


日本のチームにより、ウィナーとなったMRA案を5ナンバーサイズにダイエットしていく作業に入ります。「ライトウェイトの楽しさ守る」というエンジニアからの開発要件には、「NAロードスターと絶対同じサイズ」という指示があったからです。


しかし、デザイナーチームがどうしても抑揚を出したく、「フレア部分を片側1.5mm(全長+3mm)拡大したい」とエンジニアに申し出て、非国民扱いをされながらも5ナンバーサイズだから許された・・・というエピソードも残されています。


最終的にはサイドマーカーやドアノブなどマツダ車の既存パーツの流用を地道に行い、コストダウンや市場要件を満たしていきました。サイドミラーやテールランプの完成度は素晴らしいものになっています。

1998 MAZDA MX-5/Miata/Roadster mk2


そしてこちらが最終的に市販されたモデルです。

実はデザインの途中から株主の指示でデザインレギュレーションの変更が行われつつも、とてつもなく大きかったデザインをコンセプトと同じイメージで一回り以上コンパクトにまとめる偉業を達成し、今につながる「ロードスターらしい」デザインを完成させました。


様々なデザイン案があったなか、北米市場の意向によりMRA案(米国)を採用したのが唯一NBロードスターになります。これ以降のロードスターは、NC3のマイナーチェンジ以外は全て国内デザインです。

なお、当時のフォードグループにおけるオープンカーのトップモデルはジャガー(XK)で、ボトムモデルがMX-5という位置づけでした。そこでグループ内デザインの近似性を指摘されることがありますが、実際はMRAのチームが(サイズはともあれ)古き良きブリティッシュスポーツをリスペクトして、コークボトルシェイプのラインを活かすデザインにしたというのが真相のようです。


MRA案は、そんなNBロードスターの方向性を決めた重要なデザインスタディであるとともに、もし、あのままのサイズで発売されていたらライトウェイトではなく、違う方向性・・・そもそも巨大化したMX-5シリーズではモデル廃止になっていたかも知れません。


そういう意味ではライトウェイトスポーツの哲学を守った当時のエンジニアたちの熱意には頭が下がります。ロードスターの歴史は本当に奥が深いです・・・

関連情報:

スクープ!新型ロードスター(1997年)

NBエクステリアカテゴリの最新記事