NB Roadster Meeting参加レポート(2016)

NB Roadster Meeting参加レポート(2016)

こちらは2016年1月10日に開催された、NBロードスターミーティングの参加レポート備忘録です。会場は「マツダ横浜R&Dセンター(MRY)」で開催されるとのことで、慣れない首都高で向かったらかなり早く到着・・・少しはしゃぎすぎました。

たっぷりとレアなNBロードスターが


会場ではお馴染みの友人たちを始め、知らない・見たことのないNBロードスターがわんさかと集合しました。50台前後のNBが集結したそうで、壮観な光景でした。

ちなみに、全てのボディカラーに会えるかと思いましたが、4色(スプラッシュグリーン、ストラトブルー、ラディアントエボニー、ライトニングイエロー)いなかったのと、クーペが不参加だったのが惜しいです!

でも、これだけ集まるとNBロードスターの小ネタも集まるので、少しだけご紹介します。NBロードスター乗りじゃないと、全く興味のない話かもしれませんが・・・

NBロードスターのディティール小ネタ


NB4サンバイザー
NBロードスターはサンバイザーにミラーが付いているのですが、NB4には「フタ」が付いていました。マイナーチェンジごとにコストダウンするイメージの強いロードスターですが、この心遣いは地味に羨ましい!


NB3VSのATシフトノブ
NB3以降の「VS」グレードにおける、オートマチック・シフトノブは本革巻きになっていました。こちらはコンビネーションB仕様ですが、地味に各種ボタンもメッキです。


NB4VSのウッド・ステアリング
こちらはナルディではありません!しかも、NAロードスター・Vスペシャルのナルディ・ステアリングのごとく、円の中にラインが一本入っています。貴島さんに確認したところ「ナルディの諸事情により、仕方なく国内産を採用した」とのことです。ちなみにレザーシートのステッチもパイブ処理に変更されています。

黒色ハードトップ各種


つや消しブラック
ハードトップは謎が多く、おなじ黒色でも様々な仕様があるようです。こちらはつや消し仕様で、なかなかスッキリした感じです。


シボ加工のブラック
私の愛車の(っていても私の以外見たことない)つや消し、シボ加工仕様ハードトップです。


ツヤありハードトップ
おそらくブリリアントブラックのハードトップです。純正色のハードトップは、メーカーならではの仕上がりが美しいグロス加工。ちなみに、ハードトップの裏地が黒じゃないものがカタログ上は存在するのですが、それは見つかりませんでした・・・

貴島孝雄さんの講演も


ロードスター業界ではあまりにも偉大なNB、NCロードスターの担当主査、貴島孝雄さんがゲストとして来場し、講演をいただきました。これは別でレポートを書かせていただきます。

その中でも驚いたネタを一つだけ。
NBロードスターの完成記念パーティ(98年頃?)には既にフォード資本が入っていたのですが、その会場で「NCロードスターを作ることが決定した」と報告を受けていたそうです!

こちらは楽しかったミーティングの終盤にて。緑色のNB1〜4が集まっていまして、記念撮影を行いました。NB4はグレースグリーンではなく、激レアカラーのノルディックグリーンマイカです!

自慢話です
そして・・・自慢していいですか?いいですか?しちゃいますよ!?

貴島さんの著書「ロードスター幸福論」にサインを頂きました!また、アオシマ・ロードスターのプラモの箱にもサインを頂きました!
また、貴島さんと一緒に、愛車と写真を撮っていただきました!これは本当に超嬉しかった。

最後はミーハーな内容になってしまいましたが、こんな感じで終日楽しませていただきました。ミーティングを企画された実行委員会の皆様、ご参加された皆様、そして会場でお会いしたお友達、また、嬉しかったのがブログを読んでいただいていた方!・・・皆様、本当にお疲れ様でした!

当日の貴島孝雄さん講演はこちら

イベントカテゴリの最新記事