わび・さびの継承 NBインテリア(市販車編)

わび・さびの継承 NBインテリア(市販車編)

今回は実際に市販されたNBロードスターのインテリアを解説します。

「わび・さびの継承」をテーマに、NAロードスター内装の進化系として造りこまれたのがNBロードスターの内装です。

基本構成は「T字」「インパネからドアへ続く形状」「丸型ルーバー」という三つの軸をもとに、量産モデルはインパネからボンネットに向かって一体感のある造形になっており、「内と外の境界をなくす、オープンカーであることの演出」を行っています。

なおこの解説は、NDロードスターのデビュー時にも同じ文言が使われていますね・・・

全体を俯瞰して


<NB1 VS>
質感を上げると「高級感(=重厚感)」にも触れることになりますが、それはロードスターのキャラクターには合いません。そこでセンターからコンソールにキュっと流れるボリュームで適度なタイト感を出しながら、初代ロードスターより受け継ぐ「丸型のルーバー」でフレンドリーな雰囲気をかもしだします。


<NB2 RS2>
クラシカルに盛り上がるルーバーはそのままの配置だと左右対称に見えず、かなりの造形チューニングが施されています。つまり左右対称ではないのです。単純な配置だと出てしまう違和感を解消しているのは、流石プロの仕事だと思います。なお、NDロードスターではルーバーが左右対称であることを唄っています。

また、センターコンソールのスイッチはアクティブセーフティ(性能として安全性を保つ)のために配置、押しやすさと共に、(当時)普及を始めていたカーナビ(2DIN)の対応も視野にいれています。ちなみに1DIN仕様の際はサングラス収納をイメージしているそうです。

使い勝手という点ではパワーウインドのスイッチも(NAロードスターの後方位置から)コンソール前方に移設されました。肘を引いて窓を開けるNAの所作もカッコいいですが、NBの使い勝手は格段に向上しています。

各所ディティールをチェックする


<NB1 VS>
内装の基本色はブラックですが、単純な樹脂だと黒光りしてしまうので初代よりも明るめにしてあり、シボもいれて質感を高めています。また、VSのタンカラーはNA時代の濃いブラウンではなく、スタイリングとのマッチを考慮した上で、(明るい)タンカラーにこだわりました。これはVSのソフトトップ(幌)も同様です。

インパネからボンネットへの「一体感」の表現はVS内装が一番わかりやすいのですが、サイドパネルのツィーター部分がブラックアウトされていて、コックピットを包み込みながら内装のラインを繋げています。

また、NAロードスター後期型で不評だったエアバッグ付きのステアリングは、3点支持タイプのスリムなタイプに変更されています。これはRX-7(FD)99年のマイナーチェンジでも流用されました。


<NB3 VS combinationB エアロボード>
NBロードスターから装備されたエアロボードですが、ここにも開発意図が込められています。単純な整流板としての機能もさる事ながら・・・


<エアロボード背面>
清流版を立てた時にステッカーが貼れるように、表面処理の一部がフラットになっています。

前期型と後期型の比較


<センターコンソール 前期型(VS)/後期型>
ここからは前期型と後期型の違いです。

センターコンソールのポケットは、ドリンクホルダーやパワーウインドのスイッチなどが後期型で配置変更されています。なお、後期型の灰皿は前部のドリンクホルダー内に取外し式として存在しています。

参考:

ロードスター、カップホルダーと灰皿の歴史


<NB1 RS/NB2 NR-A>
内装パネルのサイド造形も変更になりました。ドアノブ位置の変更や肘当ての存在が目立ちますが、実はパーツ点数を鑑みると前期型の方がコストがかかっています。

なお、後期型はサイドエアバックも視野に入れていたそうですが、技術的限界により不採用となりました。後期型の赤いパットの部分が収納予定部位になります。


<メーター 前期型>
前期型はデザイン段階からこだわったグラフィックを再現しました。なお照明は緑色です。ゼロ指針は1800ccのみの採用で、1600ccはNAロードスターと同じ針配置になっています。


<メーター 後期型(NB2)>
後期型では文字盤がホワイトになり、照明も赤色になりました。また、メーターリングが加飾され、NB3以降ではエンジンチェックランプや燃料警告灯が配されました。

バケットシートのバリエーション、その他


<NB後期型 RS2&NR−Aシート>
後期型ではシートの変更もありました。NAロードスターから軽量化のアップデートを行ったNBロードスター前期型シートですが、後期型はヘッドの位置を高く、サイドサポートを強化してより深いバケットタイプとして進化ました。


<VS combinationB/RS-2・NR-A/VS combinationA/Turbo>
バリエーションとしては、さらに内装の明度が上がったVSコンビネーションB(NB3以降)と、ブラックの革内装で高級感を追求したVSコンビネーションA、赤い内装のRS2/NR-A。ターボのシートセンターレッドなど、他に限定車も含めると様々な仕様が存在します。

なお、NB4になると革シートの質感向上を図り、サイドステッチにパイプ処理が施されていたり、センターコンソールにアルミ調塗装が施されます。


<NB4 エアロボード・スピーカー付き>
NBロードスターのレアアイテムといえば最終型(NB4)のみに採用されたスピーカー付きのエアロボードです。BOSEアンプ内蔵モデルやライトタン仕様のものも存在します。

NBロードスター インテリアまとめ


<NB1 RS>
さて、改めて「わび・さび」の意味を紐解きますと下記のようになります。

・侘(わび)とは、「貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識」
・寂(さび)は、「閑寂さのなかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさ」

現行のクルマに比べたら、走るための最低限の機能に少し収納が付いただけの、シンプルなNBロードスターの内装です。ただ、スルメのように味わいがあるのはライトウェイトスポーツであるためのシンプルなものに徹する意図が込められていたことです。


そして、これらのコンセプトは後のロードスターへと引き継がれていきました。今更ですが改めて内装のディティールをみると、NBロードスター乗りの皆様は愛車に座りたくなってきませんか?

関連情報:

最後のときめきデザイン(NBロードスター前期型)

NBインテリアカテゴリの最新記事