ロードスター、カップホルダーと灰皿の歴史

ロードスター、カップホルダーと灰皿の歴史

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

クルマは時代の潮流とともに変化するもの。面白いのは便利になるだけでなく、不便になることもあること。

30年続いているロードスターは、4世代続いている同じ名前を持つ車種として車重や馬力がよく世代で比較されます。それぞれに良さがあるので、定量的な判断って難しいんですけどね。

ただ、基本的に「走る」性能以外は必要最低限からスタートしていますから、ユーティリティも細かく進化していきます。そんななか、今回は「カップホルダー」を中心にした話です。

NAロードスター


さて、これはNAロードスターのインテリア。

NAを日常使いするにあたり、地味に困るのはカップホルダーが無いこと。だからこそ、ペットボトルのふたを閉めて助手席に「ぶん投げる」もよし、インテリア・モデファイの見せ場としてお洒落なホルダーを設置するもよしです。

デビュー時はオーディオ、エアコン、パワーウィンドウ、パワステですらオプションだったくせに、センターコンソールに巨大な「灰皿(アッシュトレイ)」が設置されているのも時代を感じます。

こちらはボンゴシリーズからの流用されているのは有名な話です(※SA(初代RX-7)でも使われています)。ただ、シガーソケットはライターではなく、電源供給ユニットとしての役割が主となりました。

NBロードスター


こちらはNBロードスターのインテリア。左が前期(NB1)、右が後期(NB2FL以降)です。

NBは世界的な衝突安全基準を順守するため、エアバッグが全車標準装備されました。また、地味に「カップホルダー」もセンターコンソールへ標準装備されています。余談ですが、ほぼ市場に出なかったグレード【標準車】以外はエアコンも、パワーステアリングも標準装備になりました。

そしてNAと同じく「灰皿」も、NBまで全車に装備されています。ただし前期(NB1)は据え置き式、後期(NB2FL以降)は取り外すと、「ふたつ目のカップホルダー」になります。

貴島元主査も開発エピソードでカップホルダーの事を話されていました。


特に日本ではあまり文句いわれないんだけどカップホルダー!それもアメリカ人は2個付けろといってきた。要は、朝早くコーヒー飲みながら通勤するのに、それを楽しめる場所がないクルマなんてとんでもない。カップホルダーだけは絶対付けろ、灰皿よりもカップホルダー!っていうのがアメリカ人の特徴ですよ。

サイズも決められていてね、キングってのが有るんだけどそれが入らないとダメなんだと。大きさは全部入らなくても、底が入って倒れなければいいってね。ダッシュボード側に付けば良かったんだけれど(NBでは)無理で、コンソールしかなかったんですよ。あのスペースで作るのがすごく苦しかった。NCも中央はカップホルダーだけど、横はボトルホルダーね。最近ならば魔法瓶も入れられますね。あれの有無で(市場)評価が全然違うんですよ!

ちょっとしたトリビア

NB後期のカップホルダーには切り欠きがあって、マグカップの把手(取っ手)が考慮されています。日本ではない文化だけど、米国では朝食を買うときにマイカップにドリンクを淹れて貰うんですね。近年はスタバなどでマイボトルを持参する人も増えましたけどね。

なお、シフト操作時にセンターコンソールのカップホルダーが肘に当たるという不満も国内では聞きますが、ロードスターはそもそも北米セクレタリーカー需要である前提企画です。キャリアウーマンが駆るATセカンドカーであれば、シフト操作は最小限なので、問題がないことも付記しておきます。

参考:

NBは儲かったから還元した(C-2)

NC・NDロードスター


NCはセンターコンソールの「カップホルダー」とダッシュボードの「ドリンクホルダー」、合わせて4本の飲み物が置けますが、ついに灰皿が装備から消えてしまいました。ショップオプションでドリンクホルダーに装着するものが用意されています。


また、NDに至っては基本カップホルダーはグレードによってひとつのみで、それ自体も取り外し式になりました(しかも、運転状況によっては飲み物がすっ飛んでいく…)。そして灰皿もNCと同じくホルダー装着タイプに。ちなみに、シガーソケット電源はナビシート足元奥に隠れています。

灰皿とカップホルダー、まとめ

まとめてみると、こんな感じです。

このように、装備ひとつでも世代によって時代背景の違いを感じてしまいます。

特にNB贔屓(ひいき)な私としては、NB後期のカップホルダーにある切り欠きは、「日常に根差すスポーツカー」であろうとするロマン、これがマツダ・ロードスターたる所以(ゆえん)であると感じるのです。

もちろんカップホルダーは無くても走りには関係ありません。人馬一体の「楽しい」乗り味がロードスターの真骨頂ですからね。

ただ、30年続いたからこそ楽しめる、こういった「重箱の隅」の話でした。

NBインテリアカテゴリの最新記事