NBロードスター前期型/後期型のざっくり見分け方

NBロードスター前期型/後期型のざっくり見分け方

この記事を読むのに必要な時間は約9分です。


現在、市場に流通しているNBロードスターは中古車しかありません。さらに、オーナー車であれば何かしらかカスタマイズをしている現状でなので、見た目も中身もノーマルではない個体がごまんと存在します。

そのような中、NBロードスターにはざっくりと前期型/後期型という差異が存在します。これは車検証やボディカラー、エンジンルームにあるコーションプレート(車台番号)をみれば、ある程度(仕様まで)判別する事が可能です。

前期型はNB1、後期型はNB2以降を指しますが、これはフェイスリフトともにパワーユニットの大幅な刷新があったからであり、後期型は本当に微細なアップデートしか行われていません。なお、NBロードスター乗りは「NB1〜NB4(7)」と世代で愛車を語ることが多いのですが、他のロードスター乗りからはナニソレ状態でしょう。

ちなみに、コーションプレート(型式番号)でわかる見分け方は以下の通りです。


<型式>
NB6C → 排気量1600ccモデル(通称NB6)
NB8C → 排気量1800ccモデル(通称NB8)

<車台番号>
100,000~ → NB1
200,000~ → NB2
300,000~ → NB3
400,000~ → NB4
700,000~ → NB7(クーペ)

ややこしいのは排気量(NB6、NB8など2種類)で呼ぶことと、製造時期による世代(NB1〜NB4(7)の5種類)で呼ばれるところです。また、NB4ターボだけは別格扱いされることが多く、単純計算で(2×5+1)で11種の区分けをされています。
参考→https://mx-5nb.com/2019/12/17/model-number2/

ただ、単に「見た目」(エクステリア/インテリア)だけでも、ある程度の判断をすることは可能です。正直、間違い探しゲームをするような状態ではありますが、今回はNBロードスターの世代を見分けるためのトピックです。

NBロードスターの前期型/後期型を見分ける(エクステリア)


NBロードスターを見分けるにあたり一番わかりやすいのは「顔つき」、つまりフロントフェイシアの差異です。ざっくりイメージを書くと、前期型はNAロードスター由来の【ハッピースマイルフェイス】、後期型はマツダ・ファイブポイントグリルを採用した【精悍な表情】になっています。

年式で区別すると、1998年~2000年6月までが前期型(NB1)、2000年7月以降が後期型(NB2以降)になります。

フロント回りで見分ける


前期型のヘッドライトはNAロードスターのウインカーをモチーフにしているので、それがそのまま単眼にリデザインされた形状になっています。また、フロントグリルがオーバル(楕円形)であるのも、NAロードスターから引き継いでいます。まさにファン・フレンドリー・シンプルを体現した、敵を作らないキュートなハッピースマイルフェイスです。


後期型のヘッドライトはプロジェクタータイプの複眼ランプを採用しつつ、下幅が若干ながら薄くなっています。また、ライト先端からNBロードスター唯一のシャープなキャラクターラインが入っていることと、そこからエッジの効いたファイブポイントグリルが繋がることにより、キリっと精悍な印象に変わっています。

細かいところでは、バンパー中央に配されているエンブレムマスコット(フライングM)も、後期型では一回り大きくなっています。これは、当時フォードが定めたマツダ・ブランド戦略のレギュレーションに沿ったものです。

テールランプで見分ける


リアビューから確認すると、前期型と後期型ではテールランプのユニットデザインが変更されています。

前期型のユニットは基本的にNAロードスターのテールパターンを踏襲していますが、車幅を広く見せるために外側にブレーキランプを配しているのがポイントです。


後期型では、当時のマツダ・ブランド戦略(Zoom-Zoom世代)においてテールランプが「円形・クリア」というモチーフに統一したものが反映されています。

したがって「円」を意識したデザインパターンと共に、オレンジだったウインカーランプもクリアに変更されました。なお、テールランプユニットの外径サイズは前期型と同一なので相互流用は可能ですが、配線が異なるので加工が必要です。

NBロードスターの前期型/後期型を見分ける(インテリア)


メーターで見分ける
インテリアはかなり変更されています。分かりやすいのはメーターフードのグラフィックで、前期型は黒ベース(緑ランプ)、後期型は白ベース(赤ランプ)になっています。


センターコンソールで見分ける
センターコンソールは、前期型が前から灰皿 → パワーウインドウスイッチ → コンソールボックス(中にドリンクホルダー)という配置ですが、後期型はパワーウインドウスイッチ → ドリンクホルダー(灰皿兼用)ふたつ → コンソールボックスという順番に変更され、収納容量やサイズも異なります。


シート形状で見分ける
シートの形状も、前期型はNAをイメージしたものでしたが、後期型からはサポートが強化されており、より深いバケット形状に変更されています。なお、後期型シートは欧州の安全規定に基づいて、一体型のヘッドレスト部分が高くなっています。


ドアパネルで見分ける
ぱっと見た感じでは近しいドア内装のパネルも、よく見ると刷新されています。前期型はサーフェスな造りでしたが、後期型では一本のキャラクターラインが入ったことと、エアバッグが格納される予定だった楕円の別パネルが存在します。このパネルはパーツ単位で出るので、グレードによってもカラーが異なります。

NBロードスターの排気量(1600cc/1800cc)を見分ける


トランスミッション形式で見分ける
NBロードスターは2種類のパワーユニットが提供されており、エンジンルームをみれば排気量の違いが一発でわかるのですが、それ以外にも仕様で判断することが可能です。

一番わかりやすいのはトランスミッション形式であり、5MTが1600cc(NB6)、6MTが1800cc(NB8)となります。


メーターの指針で見分ける
また、メーターフードを確認することでも、さらに精緻な判別が可能です。

1600ccのスピードメーター/タコメーターの針は8時スタート、1800ccは6時(いわゆるゼロ指針)スタートになっています。また、1800ccのマニュアルトランスミッションには「6Speed」というマーキングがあります。


なお、AT車の場合は全て8時スタートであることと、後期型NR-Aは1600ccエンジンですがゼロ指針なのがややこしいところです。(NR-Aはエンジン以外のシャシーや補強はRSと同一なので、イレギュラーとみていいかもしれません)

重箱の隅、後期型(NB2〜NB4)の世代を見分ける

後期型の各世代(NB2~4)も、見た目である程度見分けることが可能です。メカ的な違いは多々あるのですが、一発で分かるポイントをいくつか記載していきます。


NB3(2002年7月~)
NB3以降は、メーターフードにガソリン警告灯が追加されています。また、Aピラーの内装が衝突安全のために厚くなっています。トランク開口状態でライセンスランプが常灯になるのも特徴です。

さらに細かいところでは、車内ヒューズボックスにOBD2(汎用診断コネクタ)の接続部が装備されています。また、VSグレードに限った見分け方としては、内装色がタンからベージュへ変更され、ナルディウッドのオプションもダークウッドカラーに変更されています。

実は、純正クロス幌もNB3以降の採用になっていますが、生き残っているNBロードスターはすでに交換していることが多いので、判断においてはあまり信用できません。


NB4/NB7(2003年9月~)
NB4/NB7は特徴的なボディカラーで判別をつけることもできますが、一番解りやすいのは内装のセンターコンソールとデフロスター・リングまわりながアルミ調パーツ(艶消しシルバー)に換装されているところです。

また、運転席側のサンバイザーを下ろすと「蓋付きのミラー」がついているのも、NB4/NB7独自の仕様です。


さらに、エアロボードがスピーカー内蔵タイプに変更されているのも特徴です。こちら、BOSE対応/非対応と黒/ベージュという4種類のバリエーションが存在します。某オープションでたまに出品がありますが、機能以上の価格になっているのは残念なところです。


以上、実生活では全く役に立たないトピックですが、スポーツカーを型式で呼んだり、フェラーリの車名を数字でいえるのがカッコいいのと一緒で、あえて通のフリをしてNBを型式で呼ぶときに役に立つかと思われます。

もちろん、見分け方はほかにもあると思いますが、パッと判断する際のネタになれば幸いです。

関連情報→

NBロードスター 国内販売台数(ALLまとめ)

NBデータ集カテゴリの最新記事