メカ

2/3ページ

ロードスター の「楽しさ」にある哲学

ロードスターはどう楽しいのか?そう聞かれて「乗ればわかる」では、普通なら伝わりません。人馬一体だとギリ雰囲気は伝わるけどまだ不鮮明。美しく走る?・・・は最も意味不明。Be a Driver.やzoom-zoomは楽しそうな走りを連想でき、秀逸なキャッチでした。 ライトウェイトスポーツの明確な定義は存在しない 実は、このサイトでもよく使う「ライトウェイトスポーツカー(LWS)」というジャンルですが、 […]

ロードスターの走行性能・まとめ

ロードスターは社内で反対勢力があっても、ダブルウィッシュボーンを採用できたことが不思議でした。貴島さんの回答はシンプルで「当時一番いいものだったから」であり、内張はベニヤ板でもメカにはコストをかける、哲学を感じたエピソードでした。 インタビュー前夜に思う そもそも、この一連のトピックを書いたのは、主査インタビューを行う前に、ダブルウィッシュボーン(独立懸架方式)・サスペンションのロジックを知りたか […]

ロードスター・パワープラントフレーム(PPF)

パワーはなくてもアクセルレスポンスが気持ちいいロードスター。どんな速度域でも打てば響くのは、パワープラントフレームというエンジンとデフを繋ぐ剛性パーツのおかげです。その後全てのマツダFRスポーツに継承されている萌えパーツでもあります。 アクセル・レスポンスの哲学 アクセルを踏むとクルマは前に進む・・・至極あたりまえの事ですよね。これは仮に低馬力のクルマでも、初動からトルクを出すセッティングに反応性 […]

ロードスターにアーシングを行う

賛否両論あるアーシング、私は信用派です。ただ、NA/NBロードスターにとってネックなのは、トランクにあるバッテリーまでラインを通す必要があること。なお、アーシングはパワーアップするのではなく、マイナスを回復させるというチューニングです。 クルマの「アーシング」とは クルマの電気回路において、プラス側はバッテリーからケーブルを通して電装品に電源供給されますが、マイナス側はボディやフレームなど「金属部 […]

ロードスター(NB6C) 5MTの魅力

愛車が「楽しい瞬間」を言語化する 走る、見る、触る。メカをいじっても、洗車をしても、楽しい。クルマの価値観は様々あれど、とりわけ自分の愛車が最高だと思う瞬間ってありませんか。ただ、それを人に伝えるのはなかなか難しものです。 特に趣味車であるロードスターは多様なカスタマイズをされているので、【愛車の良さ】を聴かれたらどう答えようか・・・などと、いらぬ心配までしてしまいます。そこで今回は、NB6ロード […]

NBロードスターの安全性能

今回はNBロードスターの安全性能全般の話です。 NAロードスターからNBロードスターにフルモデルチェンジした経緯は幾つもありますが、特に重要だったポイントは国際レベルの安全基準に対応することでした。グローバルで展開するロードスター(MX-5)は、そこに適合できないと企画自体が成り立たなく、つまり継続販売ができないのです。 なお、2020年現在の自動車レギュレーションはより厳しくなっており、緩くなる […]

NBのシャシーセッティング(C-4)

元主査である貴島孝雄さんのインタビュー共有続きです。NBロードスターは乗用車的な乗り味に・・・なんてコメントを今だにしている方がいらっしゃるかもしれませんが、根拠を持って作り込んだ、今回はそんな話です。 貴島さんのプロフィールはこちら ステアリングに関して NBのパワーステアリングはトーションバーを太くしている。油圧が効いてないときはトーションバーをねじってバルブが開くから、トーションバーの味を感 […]

NBロードスター 脚回りの話(NBセッティング編)

前置きが長くなりました。ロードスター「脚回りの話」、いよいよNBロードスター編になります。 前回はこちら→https://mx-5nb.com/2019/12/08/wishbone-2/ NAロードスターと比較して「俊敏な回頭性が消えた」「乗用車的になった」など、(当時)酷評される事もあったNBロードスターのハンドリング。しかし、基本的なメカの構成はNAロードスターとほぼ変わりません。つまり、セ […]

NBロードスター 脚回りの話(NAロードスターの特性編)

前回はダブルウィッシュボーン形式の特性、「メカニカルグリップ」に関するトピックをお伝えしました。ダンパーが抜けていても、タイヤがプアでも「よく曲がる」メカの素性をロードスターは持っているのです。 マツダ・スポーツカーの哲学 マツダスポーツカーの前提としては、コスモスポーツや歴代RX-7などの歴史がありました。 その走りにおける「第一条件」は、パワーでも豪華装備でもなく「操って楽しいクルマ」を志すこ […]

NBロードスター 脚回りの話(素性編)

今回は脚回りの話です。ただ、この領域は専門職の方や、セッティングにこだわりがある方が多かと存じます。あくまで一般論として捉えていただければありがたいです。 ダブルウィッシュボーンの採用経緯 歴代ロードスターにおいて、NAからND(現行型)に至るまで、メカの特徴として「独立懸架ダブルウィッシュボーン」(もしくはマルチリンク)サスペンション方式というものがあります。 NAロードスターの開発ストーリーに […]