ハードトップ関連記事(DHT)まとめ

ハードトップ関連記事(DHT)まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約3分です。

ロードスターのもう一つの姿、クーペルック


手軽に楽しめる(=アフォーダブル)オープンカーのアイコンとして定着しているマツダ・ロードスターシリーズ。走りに関わる「メカ」や「開発者の哲学」は30年以上軸がブレることはなく、その資質は本物であると全世界で評価されています。

一方で、ロードスターはもう一つの姿を持っています。それは取り外し可能な屋根である「ディタッチャブル・ハードトップ(Detachable Hard Top)」そ装着したクローズドクーペの姿です。


オープン状態でも、コンバーチブル・トップ(幌)を張ったクローズ状態でも美しいデザインを志したロードスターは、クーペルックであるハードトップ装着時も抜かりのない美しさを誇ります。


そんな取り外し式ハードトップ(DHT)は3代目NCロードスターまでは純正ショップオプションと用意されていた一方で、固定ルーフ自体が展開してオープンになれるRHTシリーズ(Retractable Hard Top)がデビューし、その利便性よりラインナップの定番化となりました。

さらに4代目NDロードスターではRF(Retractable Fastback)として幌モデルとデザイン自体も差別化され、取り外し式ハードトップは、ついに純正供給されなくなってしまいました。

確かにハードトップは、使わない時には置き場所に困るし、脱着は腰に負担がかかるし、重量増で燃費も若干悪化します。でも、その不便を楽しめるのであれば・・・ロードスターのもう一つの姿である、美しいクーペルックの世界が待っています。

そんな、ハードトップ関連の記事をまとめてみました。ご一読いただければ幸いです。

ハードトップ(DHT)関連記事


NA/NB ハードトップ(DHT)のススメ
https://mx-5nb.com/2019/11/04/hardtop/


ハードトップ(DHT)の取り付け準備(NA/NBロードスター)
https://mx-5nb.com/2020/01/14/dht-joint/


ハードトップ(DHT)の取付け方
https://mx-5nb.com/2019/11/05/hardtop-installation/


ハードトップ(DHT)「ひとり脱着」と異音対策
https://mx-5nb.com/2020/03/04/hardtop-desorption/


ハードトップ時の幌カバーを自作する
https://mx-5nb.com/2020/12/28/top-cover-for-hardtop/


NDロードスターのハードトップ(DHT)は登場するのか
https://mx-5nb.com/2020/06/18/mx-5nd-dht/


ロードスターRFに「RHT」の片鱗を見た
https://mx-5nb.com/2020/02/13/ndrf-rht/

特集まとめカテゴリの最新記事